今日は朝っぱらから事件勃発!盗人出現です

宿の人から「朝の7時前はまだ危ないから外に出ないほうがいいよ!」と言われていましたが、今日はタージ・マハルを見にアーグラーに行くべく、6:00出発の列車に乗らなくては行けません。という訳で5:30頃に宿を出ました。

メインバザールを歩いていると、変な奴が出現!

新聞片手に何か言いながらこちらに寄ってきます。早歩きで逃げようとしても追跡してきます。この時自分は小さいショルダーバッグを前に担いでいたのですが、そいつは新聞でショルダーバッグを見えないようにして、もう片方の手でショルダーバッグに触ろうとしてきました。

明らかに荷物を盗もうとしています。めっちゃ変な動きしてました!

うざったいので追い払い、取り敢えず無事にニューデリー駅に着くことが出来ました。変な時間帯にメインバザールを歩くのは疲れます(´-∀-`;) 宿から駅まで近いのにもう疲れました(;^ω^)



IMG_5687
という訳でアーグラー行きの電車です。
ニューデリー駅からアーグラー駅までは195キロ離れており、約2時間で行けます。


IMG_5688
電光掲示板に列車番号「12002」と車両番号「C2」と書かれているので、簡単に自分が乗る車両を見つけることが出来ます。


IMG_5689
列車の外には乗客のリストが紙で貼りだされています。乗客の名前、年齢、行き先などがプライバシー無視で記載されています。ちなみにこの紙は走行中に風でよく吹っ飛んで行くのです。


IMG_5691
列車内の様子。ちなみにクラスはCC(エアコンチェアー)です


IMG_5695
最初に出された軽食。ビスケットとチャイです


IMG_5700
朝食です。

隣りに座っていたフィリピン人男性と話していたら「僕もタージ・マハルを見に行くんだけど、もし良かったら一緒に見て回らない?」と言われたので一緒に観光することに!


IMG_5703
そのフィリピン人男性です。名前は「サルミエント」君


IMG_5702
さて、アーグラー・カント駅に着いたわけですが、サルミエントは大きな荷物を持っているので観光に行く前にクロークに荷物を預けます
(アーグラー・カント駅の場所はこちらの地図のNO.13を参照)



IMG_5704
荷物の預かり料金は最初の24時間で15ルピー(24円)でした。


IMG_5711
サルミエントと話し合った結果、オートリクシャーを今日一日貸し切りにして観光することに決めました。
料金は500ルピー(790円)、2人で割ったので1人250ルピーですね。


IMG_5713
こいつに乗って観光地を回ります


IMG_5715
さてやって来ましたタージ・マハル!ちなみにこれは正門です。チケット入場料は750ルピー(1200円)でした。
(場所はこちらの地図のNO.10を参照)


IMG_5716
う~む、近くまで来るとデッカイですね!
そしてここをくぐると、、、、


IMG_5719
見えました!タージ・マハル!


IMG_5727
左右対称できれいな建造物です


IMG_5728
ポーズを決めて写真を撮っている人が沢山居ました!
上の写真右側の女性はお姫様のような雰囲気を出してましたよ(笑


IMG_5737
タージ・マハル近くまで来ると土足厳禁となり、靴の上から白いシューズカバーを被せないといけません


IMG_5738
ここで履きましょう!


IMG_5744
サルミエントに撮ってもらいました\(^o^)/


IMG_5745
本当大きくて綺麗やった~♪


IMG_5748
壮観なり!!!


IMG_5741
タージ・マハルの横にはこんな建物も!「モスク」と言うらしいです!
近づいてみましょう。


IMG_5749
綺麗な模様の入り口天井です!


運が悪いことに雨が降ってきました!

ポツポツと頭や服に雨が当たります

あれ?なんかおかしいぞ!雨が黄色いです!



IMG_5751
服に黄色いシミが、、、、、


IMG_5750
腕にも黄色いものが、、、、もしかして雨じゃないのか?


IMG_5754
上を見てみると蜂が沢山飛んでいました!モスクの天井には大きな蜂の巣が!!!
どうやら雨だと思っていたのは蜂の蜜かおしっこのどちらかのようです(´-∀-`;)


IMG_5759
一通り見て回った後に入り口に戻ってくると来た時よりも人が増えていました。


IMG_5770
昼ごはんはタージ・マハル近くの「JONEY'S PLACE」と言うお店で食べました。
(場所はこちらの地図のNO.11を参照)


IMG_5764
結構評判のお店のようで壁には沢山の書き込みが!


IMG_5765
注文したカレーの名前は忘れましたがかなり美味しいカレーでした。満足♪満足♪
お値段は140ルピー(224円)


IMG_5775
次に向かったのはタージ・マハルから約3キロ離れたところにある「アーグラ城」です
入場料は250ルピー(400円)
(場所はこちらの地図のNO.12を参照)


IMG_5799
で~~~ん!とした壁や~!!!


IMG_5798
城門です


IMG_5795
サルミエントに撮ってもらいました♪


IMG_5777
アーグラー城から見た風景ですが、遠くにタージ・マハルが見えますね!


IMG_5779
アーグラー城の内部はこんな感じ


IMG_5780
暗くて分かりづらいですが、皆何故か壁に向かってなにか喋っていました。
(なんだろう?)と思って様子をうかがっていた所、どうやら壁に向かって小声でしゃべると、反対側にいる人に声がハッキリと聞こえるみたいです。


IMG_5782
矢印部分で皆喋っており、反対側の人に声が聞こえると皆一喜一憂してました。
もちろん自分もサルミエントとやりましたよ!


IMG_5802
アーグラー城の後は、タージ・マハルの対岸に行き、暫くの間タージ・マハルを眺めていました。
人が沢山いるのが見えたのですが、小さいので歩いている姿はまるでアリンコのようでした(笑


IMG_5810
場所は忘れてしまいましたが、他にもこんな場所に行ってみたり!
地面に敷き詰められている茶色い物体は恐らく牛の糞を丸くして乾かしたものです。


それから夕方頃にサルミエントとお別れ!


IMG_5815
サルミエントと別れた後、小腹が空いていたのでまずは腹ごしらえする事に!
飲食店が沢山ありますがどこで食べようかな?っと


IMG_5817
よしっ!ここで食べよう!その前にお店の人に尋ねました!「トイレはどこですか?」と


IMG_5816
するとお店の人はすぐ近くのこの場所を指します!

どうやらここで用を足せとのことです。

承知しました(゚∀゚ ;)タラー



IMG_5818
お店の調理場その1です。写真の10倍汚かったです


IMG_5822
お店の調理場その2です。写真の20倍汚かったです
鍋の下にプラスチック類のゴミを詰め込んで火を焚いていました。
プラスチック燃やさんといて~~~~~(TOT)


IMG_5823
お店の中の様子です。写真の30倍汚かったです


IMG_5820
これもお店の中の様子です。今回約1ヶ月インドを旅しましたが、このお店がダントツで汚かったです。めちゃくちゃ不衛生で信じられませんでした∑(゚ω゚ノ)ノ


IMG_5821
出てきた料理です。すごく変な味がしました。不味かったです。でも頑張って完食!
値段は30ルピー(48円)


IMG_5824
別れ際にお店の兄ちゃんが「写真撮ってくれ!」と言うのでパシャリ


IMG_5825
さて!ニューデリーには20:35発の列車で帰るのですが、まだ後4時間近く時間があります。
どこに行こうかと悩んだ結果、なんとなくタージ・マハルの方向に行ってみることに!
という訳でサイクルリクシャーに乗ってみました。値段は約7キロで50ルピー(80円)でした。


IMG_5830
てな訳でタージ・マハル付近に到着し、ブラブラ歩いていると公園があったので遊んでいるインドの子どもたちを眺めながらたそがれていました。


IMG_5839
すると遊んでいた子どもたちがこっちにやって来ました!

めっちゃ絡まれました!

「名前教えて!」「写真撮って!」などなどと



IMG_5841
静かに黄昏れていたかったのにまったくこいつらは、、、、、、

でもめっちゃ楽しい!!!

腕とか引っ張られてグルグル回されたり(笑



IMG_5842
暫くすると兄ちゃんっぽい奴らもやって来ました


IMG_5845
皆で写真撮りまくりです!


IMG_5848
「サングラス貸して!」と言われたので貸してあげてパシャリ!

そしてこの後、インドの子供のチョコレートに対する情熱を思い知ることに!

暫く子どもたちに振り回された後に子供たちは「チョコレート頂戴!」と言ってきたのです。しかし「ごめんね、チョコは持ってないよ!」と言うと子供たちはとても残念そうな顔をしています。聞いてみると近くにチョコが売っているお店があるみたいなので「よし!じゃあ今から買いに行こう!」と言うと子供たち大はしゃぎ!!!

お店に行き、100ルピー(180円)でチョコバーを10本買いました。そしてそれを子供たちに配ろうと後ろを振り向いた瞬間!!!

光の速さでチョコを全て奪われ、子供たち同士でチョコの奪い合いをしながら、ゴキブリのようにどこかに散って行きました。

なんかめちゃくちゃ面白かったです!あまりにも面白かったのでさっきと同じ公園の同じ場所に行き、(また子供たち来てくれないかなぁ~)と思って待っていたのですがもう現れてはくれませんでした。ちなみに1ヶ月のインド旅行の間、旅先で会う子供からは何度も「チョコ頂戴!」とせがまれましたよ。インドの子供はチョコ大好きなんですね♪


IMG_5853
夜になってアーグラー駅に戻ってきました。
電光掲示板には列車番号、列車名、出発時間、プラットホーム番号が表示されていてとてもわかり易いです


IMG_5855
ウェイティングルームを発見しました!列車が来るまでここで待ちます


IMG_5856
ウェイティングルームの中の様子です


IMG_5863
ウェイティングルームで待っているのも退屈なので、途中で駅のホームをブラブラと見に行ったりしました。
売り子が窓越しにモノを売っていますね。日本では見られない風景なのでこういうのを見ているだけで楽しいです。


IMG_5864
スリーパークラスの車両です!人がギュウギュウ詰めです(笑
ちなみにちゃんと許可を貰って写真を撮らさせて貰いました。


IMG_5870
分かりにくいですが、線路側からも売り子がモノを乗客に売りつけています


IMG_5868
列車を待っている途中でめちゃくちゃ長い貨物列車?がやって来ました。
長さは1キロ位あったような気がします。とにかく長かった~


IMG_5871
帰りの列車の中の様子です


IMG_5873
列車の中で出された夕飯です

そしてニューデリー駅に戻ってきたのが夜の23時となったわけですが。この時間帯にメインバザールを通って宿に戻るのはちょっと危ない気がしたので、30ルピー支払ってリクシャーで宿に戻りました。
今日は色々あったけど、一番の収穫は子供たちに会えたことだったなぁ~



今日撮った動画をまとめたものです